住宅展示場で見学するモデルハウスは1日に3件くらいまでがお勧め

住宅展示場で見学するモデルハウスは1日に3件くらいまでがお勧め

家を建てたいときに参考になるのが、モデルハウスです。
せっかく住宅展示場に来たのだからたくさん回りたいと思っても、実は一度に何軒も見て回るととても疲れてしまい、結局どの家がどのようだったのかわからなくなってしまいます。
住宅展示場のようにいくつものメーカーの家が一つの場所に集まって展示されている所でも、回る件数は1日につき3件くらいがちょうど良いといわれます。
モデルルームでは営業マンが常駐していて自社のこだわりや間取り、設備などの説明があります。
ただ遊び感覚で見学に行くだけなら軽く聞き流して次の家に行くということもできますが、本気で家を建てることを考えている場合には、説明をしっかり聞いて質問があればその場ですると適切に答えを返してもらうことができます。
このように説明の時間や隅々まで見て回って観察をすると1件見るだけでも時間がかかるので、一日にたくさんの家を見て回るのは困難です。
聞いたことや見たことを覚えておくためにも、あまりたくさんのモデルハウスを見るよりも3件程度にしておくことが勧められます。

住宅展示場では1社の見学にかかる平均時間を把握したうえで予約を入れよう

住宅展示場でモデルハウスを見学すると、プリペイドカードやグッズがもらえるなど、さまざまな特典があります。
しかもいきなり住宅展示場に来場するよりも事前予約をしているお客様に対して、豪華な特典を用意している住宅メーカーが多いのです。
1日で複数の住宅メーカーを見て回る場合は、事前予約をしていると最初の見学が長引いた際に、そのあとの予約時間に間に合わないということが起こり得ます。
住宅展示場で見学に要する平均時間を把握しておきましょう。
1社あたりの平均時間は、約1時間です。
モデルハウスの内覧にかかる時間は30分程度なのですが、来場者がアンケートに回答したり営業担当者が自社の強みをアピールすることに時間が割かれるので、だいたい1時間くらい要します。
予約していた時間に遅れると、次にアポイントを入れていたお客様とバッティングすることがあるので注意が必要です。
また住宅展示場の敷地面積が広い場合は、場内を移動するだけでもかなりの時間がかかるので、その点も考慮しながら事前予約をするようにしましょう。

住宅展示場に関する情報サイト
住宅展示場サイトへGO

このサイトでは、住宅展示場とはどんなところなのか、行くことで得られるメリットは何なのかについて説明しています。新築を考えている人は、ハウスメーカーのホームページやカタログなどで調べている人も多いでしょう。しかし実際、それだけでは分からないことも多数あるのが事実です。理想のマイホームを建てられるように、実際にモデルハウスを見学して肌で感じることが大切です。初心者の人でも、あまり難しく考えずに気軽に足を運んでみることをおすすめします。

Search